タックルシステム&ステップアップ


フライフィッシングの基本はトラウトの習性にあわせて毛針をロッドとライン・リーダでポイントに送る釣法です。
トラウト習性は季節・天候・時間帯等によって変化している。(別項のトラウト習性を参考にどうぞ)
また毛鉤を大別するとドライフライ、ウェット(イマージャー、ニンフ)、ストリーマとなる。(別項の水生昆虫とフライを参考にどうぞ)


                 タックルシステムのイメージ


ロッド 
 太さの違いにより#2(細い)から#10(太い)まであります、長さは一般的に7ftから9f t位です。 
渓流では#3〜5程度を使い、湖では広範囲にキャストをするので#6以上を使うのが一般的です。
全国各地に管理釣り場があり、其々に良く釣れるシステムが異なるようです、
そこを舞台としてトーナメントが開催されていますので、ひとつのフィールドとして考えられる。

 素材はカーボン、グラスフファイバー、バンブー(竹)が使用されています。
その性質は、一般的にカーボンは反発力が強くて、それに比較するとグラスファイバーと
バンブーは、柔らかい特性があります。
 その硬さは、一般的にファーストタイプ(曲がるバランスが先端部にあります)はドライフライ向きで、
スロータイプ(曲がるバランスが中間部にあります)はウェット・ニンフ向きになっています。

 昨今では、スペイキャスティングやキャスティング競技も充実しているようですが、
タックルは全く異なるので、それは他書を参照ください。
ロッドメイキングでは自作できるので挑戦してみましょう。


  リール

 ライン全長の30ヤードとバッキングラインを収納するため、型式によってライン番号と収納容量が明記している
ので其れにあわせます。
 スプール(回転部)にブレーキを掛けるドラッグ機構付は、大物と対決するには必要になるでしょう。
 


ラインの種類  
   
ロッドの径と使用するフライの種類にラインを合わせる。
 (例:ドライフライは、フローティングライン【4番(#4)】と、ロッド【4番(#4)】にする)
また最新では、ヤマメ専用、藪沢、ウェットフライ等の専用製品もあるので、お好みの釣スタイルに合わせられる。
 材質はケミカルタイプが主流ですが、フローティングラインのシルクラインは、メンテナンスに手間が掛かり
少し高価ですが、使い込む程味わいがでてきます。


リーダー  
 フライラインに接続をします。
テーパーがついて細くなった先端に、ティペットを接続してそれにフライを接続する。

材質はナイロン(フローティング)、フロロカーボン(比重が大きいのでシンキングに適している)が一般的です
長さは6.5ftからあり、短いほどキャスティングは楽であるが、最近の流行でナチュラルドリフトに有効な15ftのロングタイプもある

硬さは、ナチュナルドリフトを重視するにはソフトタイプ、ターンオーバー性能を求めるならハードタイプが使いやすい。

太い順に【0x〜9x】が一般的で、その太さはフライのサイズに合わせる
 


ティペット 
 太さをフライのサイズに合わせる、長さに決まりは無いが最近の流行は長い傾向がある
材質はナイロン、フロロカーボン(比重が大きいのでシンキングに適している)が一般的でる
 (例:フライサイズ 18番は7X 14番は6X位が一般的です
硬さは種類が豊富になりソフトとハードタイプ、イワナやヤマメ専用等がある
(例:#16番ドライフライを ロッド【4番(#4)】には フローティングラインの【4番(#4)】の場合で リーダーは6x〜7x位ティペット6x〜7x位が適する)    
リーダー、ティペットのサイズは接続するフライのサイズに合わせるのが基本です
フライロッド、フライラインのサイズは飛距離にあわせて選択する

リーダー、ティペット サイズ   径 号数 適合フライサイズ
0X 0.279 3 #1〜3
1X 0.254 2.5 #4〜5
2X 0.229 2 #6〜9
3X 0.205 1.5 #10〜11
4X 0.178 1.0 #12〜13
5X 0.152 0.8 #14〜15
6X 0.127 0.6 #16〜17
7X 0.102 0.4 #18〜23
8X 0.076 0.2 #24〜

♪@サイズについてリーダーは先端の径を示します、8X以下は製造メーカーにより数値が異なるので省略します
  A号数との比較は近似値になります
  B適合フライサイズはあくまでも目安として示しています


ノット(ラインの結び方)  
 フライラインとリーダーの接続はラインコネクターがお手軽で良いのですが、ロッドガイドに引っ掛かる事や
水没し易いし、割れたりするので下図のようにダイレクト接続をお勧めしています。



    VARIVASホームページにて岩井 渓一郎 さんが推奨されている 「ネイルレス ネイルノット」がお勧めです。
    http://www.varivas.tv/ch/knot/line_line/vt9


リーダーとティペットの接続     



    結び方は種類が沢山ありますので タックルベリーさんのホームページを参考にご覧下さい。
    http://www.tackleberry.co.jp/howto/knot.html



ティペットとフライの接続



   結び方は種類が沢山ありますので タックルベリーさんのホームページを参考にご覧下さい。
    http://www.tackleberry.co.jp/howto/knot.html



不必要なノット(ウィンドノット)
 キャスティングの不適切で発生する不要な結び目で、そのままにでは其処から切れてしまうので、
ウィンドノットを解除しておきましょう。


フック各部の名称



種類はドライ、ウェット(イマージャー ニンフ ストリーマ)等の用途別に沢山の種類があります。
太さは、水面に浮くドライ用は細くて、沈むウェット用は太いのを選択します。
サイズは、大きい順に0番〜30番くらいまであります。
形は、虫達の姿に合わせる様に長い物、丸い物、湾曲している物等があります。
 


フライマテリアル
 フライを形成する為の素材で、水鳥の羽や動物羽毛が使われていましたが、
現在はシンセテックな化学製品もありますので、本物の虫に近く作れるようになっています。
(リアルなフライが、釣果に必ずプラスになるとは限りませんが・・・)


フライの種類
水面に浮かぶドライフライ



水面直下のフローティングニンフ

  

水面下に沈むウェットフライ
  

沈めて使うニンフ

フライへの塗布材、フロータントはフライに塗布すると浮力の調整ができます。

 ドライフライには浮力を増すためフロートタイプ(液状タイプ  リキッドタイプ 粉末タイプ)を使います。
ウェットフライには水中になじむためシンク(シンキング)タイプ使います。
 
 フライを沈めるには重り(シンカー)をつけます。
それは、ルースニングとよばれている手法で浮(マーカー)釣りになります。
                            


ステップアップ
 渓流釣りの基本を知ること、つまりは渓流魚の習性を知ることです。
それは魚達は知能は低いが、本能的に危険を察知する能力は人間よりも優れているのですね。
魚達を襲う敵は、人間以外に鳥、川鼠等の小動物から常に狙われています。
飛行している鳥の影が水面をよぎると、それがたとえ鳩であっても魚達は一斉にビクッと身震いをして、
身を隠そうとするのを管理釣り場等で目撃したことがあるでしょう。
そうです、魚達は水面をいつでも視野範囲に入れているのですね。
 
 釣りでは自分の姿を見られないこと、つまりは自分の影を水面に映らないようにすることが大切です。
それには太陽の位置を確認して太陽を背にしないことです。
やむを得ない時は背を低くすることです、これを怠ると釣りになりません。

 そして魚が定位している事を目視確認する、初心者のうちは難しいが偏光メガネを使って水面反射を防ぐと見えてきます。
あまりお勧め出来ないが、スポットだと思える場所にわざと立ちこんでみて走る去る魚影を確かめると分かってきます。


気温、水温、気圧、水位(水量と透明度)の確認しましょう。
水位の観察は下記の写真を参考にしてください。

かなり減水していることが分かりますね
 その日の水位は通常よりはどうなのか、少ない場合は魚達は警戒心が強いため、
キャストで水面上を過ぎるだけでも警戒するのでアップストリームはしないでサイドストリームキャストが必要になる。
 水位が多い場合は落ち込み脇、岸際の弛みや石裏などの流れが遅い場所を狙うことになる、
更にドライに反応し難いので、ニンフをルースニング(マーカーフィッシング)にしたりウェットフライを多用する事になります。
ここではウェットフライをドロッパーにしないで単体にします。
魚の当りを取るには、水面直下を流すのでウェットフライを銜えて反転する魚体を見て軽く合わせます。
強く合わせるとティペットを切られる場合がでますので、小さくロッドを10cm位立てるつもりでフッキングします。
ウェットフライが見にくいので小さな目印を付ける方法もありますが、私はお勧めしていません。
それは、魚が目印に反応してフライを食いません。
水温も大切な要素なので温度計で測って見ましょう
2から3℃は餌を食わない、5℃位はニンフを食っている、
8℃位になるとコカゲロウ類(フタバコカゲロウ、シロハラコカゲロウ)かユスリカ類(#20以下)のハッチにあわせる。
大体10℃前後になるとマダラカゲロウ類(#18~14)、小型カディス(#18)がハッチしてくるので目安にする。
気温、気圧、風との連動に因りますが川面に水棲昆虫の羽化が見られるときは魚達の活性が高まるので観察をしましょう。


ライズのフォーム
@鼻先をゆっくりと水面に出して『スッ』と食べているなら水面上のアダルト(成虫)が多い。

A顔は出さずに背中、尾鰭が出るならば水面直下のイマージャー類になる。

B水面から飛び出して魚体を見せるのは、動いている物を追っているのでカディス類を食べている。

C魚体は見えずに水面が揺れるように見えるのは、水面下のものを食べているのでニンフ、ウェット系のフライになる。
D魚体を見せずにピシッと出るのは、スレた魚かユスリカ類の小さな虫を食べている。

Eフラットな緩い流れでポワーンとしたライズは、水面上の物を食べているがシビアな場合が多いので、フライサイズを#18より小さくティペット(7x〜)を細くする。


川底の石裏を見て水棲昆虫の観察をしましょう。
カゲロウ、トビゲラ、カワゲラの種類、大きさ、体色を観察しておく。
(同種類の川虫でも体色が異なります、それは鉄分の多い河川は赤く花崗岩の渓は白くなります)
それらがハッチしてきたら水棲昆虫を捕獲します。
インセクトネットが無ければ帽子でもかまいません。
そのハッチしている川虫にあわせてフライ選択します。
そしてライズの2m上流にフライを着水させましょう。
ドラグがかからずに自然に流れると釣れる確立は高いです。

基本は下流から上流に向けてキャスティングします(アップストリームキャスト)。
もちろん応用テクニックとしては下記のテクニックとしてあります。
@魚が警戒している場合はフライラインを魚に見せたくない為フライを先行させるため釣り下がるダウンストリームキャストをします。
Aサイドストリームキャストは流筋に真横からキャストします。
右利きの人は障害物をさけるため右岸側からキャストするのが基本になります。
そしてキャストする際は上側と後側を見て障害物の位置を確認する。
それから足音を立てない、河原の石を転がさない、木枝を折って水面に落とさないこと。
魚達の視力は、テンカラ釣り名人で著名な大学教授の研究によると、人間に例えると0.2程度ですが音には敏感です。
但し人間の話声は影響が無いです。
 先行者の有無を確認する、それは河原の石が足跡で濡れていたり地面の足跡が新しい様なら数時間は空けないと釣りにならないし、
その日は釣りにならない場合もあるので、その場合は他の川に移動しましょう。
しかし源流域の沢で蜘蛛の巣が川面に張っている場合は、先行者がない証拠になるので絶好のチャンスです。


それではフライの流し方を説明します。

季節は初春の頃です。
まず渓水の流れの筋を見ましょう。
 落ち込みから流れの筋(水色線)が四本あります。
その筋が集まって瀬を作っています。
通常は上流から魚体の大きな順に定位しています、理由は流れてくる餌を効率よく食べることができる場所を知っているからです。
しかも危険を察知すると隠れる石(小白丸印)が近くにあることが重要です。
 山女魚イラストがヒットポイントです。
フライはコカゲロウの仲間のフタバコカゲロウを意識したドライ#18(ボディ黄色、ティペット7x)を使いました
その理由はヤマメが黄色のフライの実績が良いためです
初夏以降の狙い場所(点線赤丸印)、見逃しそうな場所(点線紫丸印)

フライの流し方
 右利きなので右岸側の《目の前の岩》よりも5m程下がってキャストします。
ドラグがかからない様にする(水流に引きずられない)には、フライ(ドライフライ)のみを水面に置くこと。
つまりはライン、リーダー、ティペットを水面に付けないようにロッドを頭上高く掲げる。
或いはロングリーダー、ティペットを使用してメンディング、スラックを応用する。
腰を落として(自分の影を水面に映さない)キャストをしないと自分の姿が魚に見つかってしまい、
その魚は上流に逃げ込み、その付近にいた仲間も同時に石影に隠れてしまうので慎重にしたい、
そうなってしまうと警戒心が解けるまで数時間かかってしまい釣りにならない。
また最初に左岸側からキャストすると右岸側にいる魚達に気づかれるので、右岸側から攻めること。
上流にキャストする場合でも、目の前にある大きな岩より上流には立ち入らないこと。(つまり岩に隠れるわけです)

渓流魚の習性
解禁当初は、低水温ではライズは起こりにくいが放流魚の多い河川ではライズや魚影を見ることもある。
早春の渓魚はある程度の水深(1m)以上の流れの緩やかな淵に溜まりやすい。
ユスリカのハッチがあるとその流れの筋でそれを食べるようになる。
ユスリカのハッチは朝日が昇り気温が上昇する朝八時前後から見られるが、風が吹くとハッチは止まるので、
ドライフライの釣りはとてもデリケートになりキャストできるのが数分間しかない事もあるので、キャスティング技術は重要です。
桜前線移動とともに水温が10度を越える頃には広めの瀬の大石周りや落ち込みの脇にでてくる。
岩魚は瀬尻や倒木、岩のエグレ等に隠れていて餌が流れてくると追いかけて食べる。
山女は速い流れの筋沿いで定位するが、体験的に川岸の葦際に隠れている場合が多いので浅瀬でも重要な場所になります。

魚の感知能力
魚の視力は大体0.2位と言われているが色の識別はできる。
魚眼は真後ろは見えていない。
通常は上流に対して頭を向けて流れてくる餌を待っている。
魚の側体で音、振動を感知するので音には敏感です。
また気圧変化も感じて突然の増水に耐えるために石を飲み込み、流されない様にしてます。その時は餌を食べる余裕がないので、
大雨後は腹ペコで食いが立ってくるので良い釣りができる場合が多い。


注意点
入渓場所と退渓場所(帰路)の確認、入渓は比較的に容易いが退渓できる場所が不明だと、
突発的な天候の変化で増水に対して逃げられない危険がある。

観天望気の知識を勉強しておく、(天候の急変に対処するため)
〔観天望気wikipedia参考〕
蜂が低く飛ぶと雷雨」 --湿度が高いと、昆虫が低く飛ぶとされる
「ツバメが低く飛ぶと雨」 --湿度が高いと、えさとなる昆虫が低く飛ぶためと説明される
「カエルが鳴くと雨」
「ネコが顔を洗うと雨」 --湿度が高い時、顔や髭に水滴がつき易くなる。それを猫がを拭う為とされる
「ミミズ」が地上に這い出したら大雨
「ヤマバト」が鳴くと雨になる
「クモ」が糸を張ると明日は天気が良い
雲から [編集]
なお、気象学的に考えてもっとも信用性があるのは、雲を使った予想である。
「うろこ雲(巻積雲)は天気変化の兆候」
「おぼろ雲(高層雲)は雨の前ぶれ」 --温暖前線の接近によって高層雲が現れるため
「夏の朝曇りは晴れ」
「山に笠雲がかかると雨や風」 --低気圧や前線に伴う風により、湿度の高い空気が山の斜面を上って水蒸気が凝縮するため
「上り雲(北に向かう雲)は雨、下り雲(南に向かう雲)は晴れ」 --低気圧の前面は南寄り、後面は北寄りの風となるため
飛行機雲に限っては自然に発生するものではないが、水蒸気の関係から科学的根拠が見られる。
「飛行機雲がすぐに消えると晴れ」 --上空の湿度が低いため
「飛行機雲が広がると悪天の前兆」
他に、虹などの気象現象を利用したものから、煙など人工的な現象をも対象とするものがある。
「朝虹は雨、夕虹は晴れ」朝虹は東からの太陽によって西に見える。虹が見える=湿度が高い。やがて西から東へ来るので雨。
「朝焼けは雨」
「星が瞬くと風強し」 --強風下では、大気のゆらぎが強くなる
「煙が立つか東にたなびけば晴れ、西にたなびくと雨」 --低気圧接近時は、東寄りの風が多いため
「(鐘の)音が遠くまで響けば雨・嵐」 --前線などで上空に暖かい空気が入ると、音波の伝播方向に影響を与えるため

野生動物への注意(熊、猿、鹿、蛇、蜂、毒虫、毒草とキノコ類)
生水の摂取は避ける。(エキノコックス)
渓魚を生での摂取を避ける。(寄生虫)